ごあいさつ

このたびは、ホームページにお越しいただきまして、ありがとうございます。3231.JPG

 

ジェーシーピーは、創業以来10年の間、みなさまのバイクライフをサポートし、より良いパートナーを目指している会社です。

夢にまで見た愛車バイクを購入した当初は、自分なりのカスタムを考えアレコレと買い揃え、今ではガレージが不要なバイク用品で埋もれてはいませんか?

家族からは白い目で見られ、仕方なく粗大ごみとして処分をお考えのあなた。

もったいないです。
純正パーツ・車外パーツ・中古パーツ・新品パーツ・カスタムパーツ・レース用パーツにかかわらず。
まずは、ジェーシーピーの
バイク用品査定買取サービスにお問い合わせください。

ジェーシーピーのバイク用品査定買取サービスは、今までの豊富なバイク用品買取情報から、的確な高額査定を提示いたします。

きっと、ご満足いただけることと思います。

 

弊社のサービスがお客様のお役に立ちましたら幸いです。

当社の強み

当社の『バイク用品買取』は、下記4点の強みを持っております。

 

特徴 1 豊富な経験と実績

当社は創業から10年間、バイクパーツ・カーパーツの買取・販売に携わって参りました。その豊富な経験実績により、お客様のバイク用品情報に的確に対応することを可能にしています。

 

特徴 2 高額査定買取の提示

25万件にも及ぶバイク用品流通相場をシステム化していますので、査定の返答も早く的確にご納得の買取価格を提示いたします。
お客様からの売りたいバイク用品を宅配業者に委ねるて入庫することで、余計な営業コストを削減しています。その分を買取り価格に反映いたします。

 

特徴 3 全国送料無料

「バイク用品を買取りしてくれる店舗が近くに無い」
「どこで買取りしてくれるか分からない」
「大型のタイヤホイール等は送料が高い」等のお悩みをジエーシーピーが解決します。
お近くの宅配業者から弊社宛に送料着払いで送付ください
全国送料無料です。

 

特徴 4 手早い対応・早期決済

査定依頼をいただきましたら、即日メールにて査定価格をご連絡いたします。
ご納得いただけましたら送料着払いで用品を送付ください。
現品を確認いたしまして買取価格をご連絡いたします。
ご納得いただけましたら、支払い手配となり、
即日お振込みいたします。

梱包の手引き

大事な用品を宅配業者に委ね発送する際に、どのように梱包したら良いのかお困りの場合も有ると思いますので、こちらでは用品別の梱包の仕方を随時アップいたしますので参考にしてください。

【用意するもの】
ダンボール箱   :商品が入り、さらに少し余裕があるくらいがベストです。
粘着テープ    :布・紙ガムテープなど
緩衝剤       :新聞紙・チラシ等
エアキャップ    :プチプチのついたエアーキャップ。用意できなければ新聞紙で代用できます。
結束バンド     :PPバンド等。大型用品で梱包材が取れないように結びます。
梱包材       :エアーキャップ付きの梱包用ダンボール紙。
カッターナイフ  :梱包材等を切ります。

[用品別]
カーナビ・ETCなど
サスペンション
タイヤ
マフラー
大型商品

 

発送後の問い合わせ確認

控えの発送伝票のお問い合わせ伝票番号から、商品の配達状況がご確認できます。

下記、宅配業者のサイトからご確認ください。(発送したのに届いていない時等に便利です)

 

クリック⇒ クロネコヤマト

 

クリック⇒ 佐川急便

買取りサービスのご案内

kel.bmp当社がご提供する買取りサービスのご案内です。

詳細については下記をクリックしてご覧ください。

 マフラー           サスペンション

キャブレター     キャリパー

バックステップ      オイルクーラー

ヘルメット         バイクウェアー

ブーツ           タンクバック

カーナビ          HIDキット

その他のバイク用品・部品      

 

お問合せ・ご相談はこちら

323069.jpg

 

ご不明な点やご相談などございましたら、

お電話もしくはお問合せフォームからお気軽に

ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 03-6663-8170
受付時間 : 10:00〜19:00(日曜、木曜定休)
担当 : 丸山

お問合せフォームはこちらへ
買取査定フォームはこちらへ

 

お役立ち情報

japanese_image.jpgバイクパーツ買取についてのお役立ち情報です。

どうぞご参考になさってください。

→ バイクパーツ高価買取のポイント

→ バイク用品買取り店の選び方

 


▲このページのトップに戻る